なみだつぼ

暮らしに一輪

なみだつぼとは古代ローマで悲しみから流す涙を入れる為に使われていたというもの。戦地に赴く夫を思い、妻が流した涙を入れたのです。しかし同時に喜びの涙を受け止める器でもありました。愛くるしい形状は1 6 0 0 年代の初期伊万里時代から有田で焼かれた壺をモチーフに作られました。小さいながら存在感のある壺は一輪差として野で摘んできたお花でも素敵に日々の生活を彩ります。

大きな壺は場所をとる為、気構えますが涙壺は小さくても職人の技がぎゅっと凝縮されています。18種類の涙壺は400年前に作られていた古来より伝わる形を五分の一程度に縮小しました。骨董品のようなクラッシックなイメージが新鮮に感じます。

有田焼産地の中で最も手間が掛かる排泥鋳込みという成形方法で作られます。液状の陶土を石膏型に流し込み型に着肉した後余った陶土を出すことで中が空洞になることで完成します。

色々な形を組み合わせて活ける。小さいからこそできる楽しみ方です。例えばシンプルに白磁で揃えたり、白磁と絵付けの組み合わせなど組み合わせは無限です。このサイズ感はちょっとした手土産にもおすすめです。

ラインナップ

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

  • <
  • 1
  • >

53商品中 1〜53商品

?5,400(税込)以上で送料無料